住宅ローンを朝まで徹底比較

住宅ローンは、ちゃんと比較して選択したいものですね。 住宅ローンを選択するとき、金利などは注目するのですが、返済方式や借入条件などをしっかりチェックしましょう。また、各サービスによって、特徴があるので、正しく選んでマイホームを手に入れましょう。まずはこのサイトで比較してみてください。

キャッシング 変動金利 固定金利(短期A) 固定金利(長期B) 返済方法 特徴 申込
SBIモーゲージ

SBIモーゲージ

0.72% 1.480%
(15年から20年)
1.740%
(21年から35年)

元利均等返済方式/元金均等返済方式

SBIモーゲージでは、承認から融資開始まで最短5日のスピード融資。半年変動金利型や全期間固定金利など選べる金利制度。

新生銀行

新生銀行

0.98% 1.100%
(5年)
1.700%
(15年)

元利均等返済方式

新生銀行の住宅ローンでは、収入の変化や健康状態の変化などに備える安心パックをセットで加入することがオススメ。

楽天銀行

楽天銀行

0.72% 1.18%
(15年から20年以下)
1.44%
(21年から35年)

元利均等返済方式/元金均等返済方式

楽天銀行住宅ローンは、楽天銀行の口座がなくてもOK、申込みから契約まで来店不要で完結できます。

イオン銀行

イオン銀行

0.77% 0.85%
(3年固定)
1.25%
(10年固定)

元利均等返済方式

8疾病保証月の住宅ローンなら、ガンや脳卒中など万一の場合、住宅ローン残高が0円になるコースがあります。(※適用条件あり)保証料も0円プランなどがあります。

ソニー銀行

ソニー銀行

0.60% 0.954%
(5年)
2.149%
(20年)

元利均等返済方式

ソニー銀行なら、保証料、団体信用生命保険料が無料!中古マンションの購入資金としても使えます。専任のアドバイザーがサポート。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

0.65% 1.20%
(10年)
2.08%
(20年)

元利均等返済方式/元金均等返済方式

住信SBIネット銀行の住宅ローンなら、成人男性がかかりやすい8疾病保証だけでなく、障害補償や地震保証がセットになっています。

じぶん銀行

じぶん銀行

0.78% - -

元利均等返済方式/元金均等返済方式

三菱東京UFJ銀行に委託しているじぶん銀行は、ネットならではの金利を用意。保証料込みで、金利プランも選べる。

固定金利と変動金利がある

これから住宅ローンを組もうとしている時、やはり気になるのが返済期間と金利ではないでしょうか。
購入する物件の額が額ですので、当然住宅ローンを組んだとしても返済期間は何十年にも及ぶことになりますし、それに伴って金利も何十年分の金利が付くことを考えれば、できるだけ金利は安いほうが良いに決まっています。
では住宅ローンを返済する際に発生する金利はどのようなものがあるのでしょうか。
まず、金利には大きく分けて2種類あり、ひとつは金利固定型というものと、もうひとつは変動金利型というもの。
さらに最近では固定金利選択型というものもあります。
この3つの金利プランの違いですが、金利固定型というのは、住宅ローンを組んでから完済するまでの期間、返済額も金利も変わらないタイプで、このメリットは金利の支払い総額が予めハッキリする為、計画的な返済計画が立てやすいというメリットがあります。
一方、変動金利型は6ヶ月ごとに利息の見直しを行い、金利が上下に変動するが、住宅ローン契約の初年度から5年目までは金利に変動があっても返済額は変わりませんが、6年目に返済額の見直しを行う事ができます。
また金利がどれだけ上昇しても、原則5年間は支払う金利に変動がないので安心でしょう。
ただ変動金利、固定金利のどちらが良いかの話になると、経済情勢も絡んでくる話なのでとても難しいのですが、変動金利の場合、固定金利に比べその利率がとても低いことも特徴のひとつ。
また銀行によっては金利優遇キャンペーンといって、現在の変動金利からさらに割引を行ってくれる銀行もあります。
いいこと尽くめのように見える変動金利ですが、デメリットもあります。
変動金利は固定金利のように予め、完済時の支払い総額がまったくわからない為、トータルでいくらの金利を支払うことになるのかが読めないのが難点です。
このように固定金利、変動金利共にメリットもあればデメリットもあるので、これから住宅ローンを組まれるのであればよく検討しておいたほうが良いでしょう。